機能性に優れているベビーシューズが登場!

成長や季節に合わせて

サイズと素材を厳選

ベビーシューズ

ベビーシューズとは赤ちゃん用の靴のことで、赤ちゃんの足はもちろん、体も保護するように考えて作られています。というのも赤ちゃんは、大人と比較すると体のバランスが悪く、歩行中にふらついたり尻餅をついたりする可能性が高いからです。そのためベビーシューズは、バランスを取りやすいように、足底がヒールの凹凸のない平らな状態となっています。さらに適度な弾力があるので、つま先などが地面に引っかかりにくいのです。もちろん、赤ちゃんの足に程良くフィットするものを履かせなければ、ベビーシューズのこういった長所は生かされません。赤ちゃんは成長が早いので、長く履くことができるようにと大きめのサイズのベビーシューズを購入する人も多いのですが、これは転倒のリスクを高めることになります。もちろんきつくなったベビーシューズを長く履かせることも、足の成長の妨げとなる可能性があるので危険です。そのためベビーシューズは、成長の度合いを確認しながら、その都度ジャストフィットするものを選んで購入することが大事です。具体的には、足の幅にピッタリと合い、なおかつつま先に約5ミリの隙間が生じるベビーシューズが適切と言えます。また素材も、季節に合わせて厳選する必要があります。発汗量が特に増える春や夏の場合、通気性の良い綿素材のベビーシューズが適しています。乾きやすいので、こまめに丸洗いができるというメリットもあります。また梅雨の時期には撥水性のあるビニール素材のものが、寒い冬には保温性の高いムートン素材のものが適しています。

負担なく履かせる

赤ん坊

ベビーシューズを出産祝いに貰い、それがやっと履けるくらいに成長して、そのお散歩途中「抱っこ」して帰宅したら靴が片方無かったってことはありませんか。特に、抱っこをして歩いていると、お母さんの足と赤ちゃんの足が擦れたりぶつかったり、赤ちゃんの足がブラブラしているうちに、靴下がだんだんとずれてきて最終的に落としてしまうということが多いのです。ベビーシューズを選ぶのは難しく、赤ちゃんの足から脱げにくく、お母さんに負担の無いように履かせやすく、小さな足にもフィットして歩きやすいことが理想となります。赤ちゃんの成長は早いので、ピッタリサイズだとあっという間に履けなくなるためお値段も手頃な方が嬉しいですね。可愛いベビーシューズを落とさない対策として、抱っこの時は靴を脱がせるのが良いでしょう。脱がせた靴で手が塞がるのは困るので「ベビーシューズホルダー(ベビーシューズストラップ)」などを使用すると、脱いだ靴を簡単にベビーカーやバッグにぶら下げることができて、手も塞がりませんし、また歩きたいと言い出せばすぐに靴を履かせることもできて便利です。この「シューズホルダー」、手作りもできそうなので手近にあるもので挑戦してみるのも良いかもしれません。できれば落とさないためにも、赤ちゃんに合ったものを購入することが一番いいです。お店に足を運んで、実際に赤ちゃんに履かせてみましょう。赤ちゃんはすぐに大きくなるので、セールやお買い得商品を見つけて購入するほうがいいかもしれません。あるいは一度お店で履かせてサイズを測り、そのサイズのものをネット購入するという手もあります。

加工をして永久保存

ファミリー

日本ではへその緒を大切に取っておく習慣がありますが、欧米では初めて歩いたときに履いていたベビーシューズを大切に残しておくという習慣があります。赤ちゃんの成長スピードというのはとても速く、ファーストシューズがすぐに履けなくなってしまうことも多いでしょう。こうした大切なベビーシューズはどのように取っておけばいいのでしょうか。そのまま箱に入れて保管している人も多いようですが、保存状態が悪いとカビが生えてしまったりすることもあります。最も簡単なのは乾燥剤を入れて保管しておくことです。日本の気候はどうしても夏場高温多湿になってしまいますので、乾燥剤を入れて湿気を取り、時々風に当ててあげることが長く保存しておくコツとなります。そのまま飾っておいても可愛らしいベビーシューズを、いつも目に入るところに置きたいということであれば、特殊な加工を施すことも出来ます。欧米で広く行われてきたメッキ加工という方法もあります。メッキ加工を施すことで、光沢のある置物へと生まれ変わらせることが可能なのです。金や銀、銅といったメッキ加工は高級感も生まれ、玄関などに飾っておいても美しく、永久保存できるようになります。ただメッキ加工は、ベビーシューズ本来の質感は失うことになるため、もしそのままの状態で保存を望むのであれば、透明樹脂を使った加工がおすすめです。透明樹脂を使えば、ベビーシューズの色・柄はもちろんのこと、履いた時にできた傷・汚れなどもそのまますべて残すことが出来ます。思い出を、どのような形として残すか考えて加工を選ぶといいでしょう。

最適な靴を選ぶ

足

ベビーシューズの選び方は、赤ちゃんの足に合ったものを選ぶことが一番大切です。特に、赤ちゃんの足の動きを妨げないように、ソールが柔らかく、通気性のあるものを選ぶようにします。また、足の甲がしっかり固定できるかどうかも大切なポイントです。

もっと読む

赤ちゃんにとって快適な靴

ママと赤ちゃん

赤ちゃんの成長スピードは早いので、ベビーシューズをプレゼントする際には、サイズに十分配慮しましょう。ママがお世話しやすいような機能性の優れた靴や、赤ちゃんが歩きやすい靴を選ぶと喜ばれます。1歳からはお出かけの回数も増えるので、レインブーツもオススメです。

もっと読む

赤ちゃん時代の記念品

ママと赤ちゃん

ベビーシューズは赤ちゃん時代の記念品として人気のあるアイテムです。毛糸や柔らかい布で作られたものから、外を歩くためにしっかりとした生地で作られたものなど様々です。縁起が良いものという言い伝えがあるため贈り物としても最適です。

もっと読む